Profile.プロフィール

小野 俊

1976年 長野県生まれ。アパレルブランド、デザイン事務所を経て、北海道札幌市の陶芸家・橋本忍氏に弟子入り。
その後東京都にて独立。

日常の景色がちょっと変わって見える、生活を豊かにする。
そんな、ライフスタイルに色どりをもたらすものを作り続けていければと思います。

Works.作品紹介

  • シンプルの難しさ珈琲の美味しさを追求し最上な提供“浅煎り”にこだわる @alt.coffee_ro さん専用のカップを納品。店主の方から嬉しい一言。お店に訪れる方に一杯の美味しさ感じていただけたら嬉しいです。alt.coffee roasters(オルト コーヒーロースターズ)京都府京都市 中京区 神泉苑町 28-4#Repost @alt.coffee_ro with @get_repost・・・English follow使えば使う程、本当に素敵な器です◎このフォルムに一目惚れして小野さんにalt. 用に特別に作って頂いています。想像通りお店のイメージともぴったりかつ、コーヒーの味を邪魔しないシンプルさなのに美しい◎シンプルであるのは、一番難しいのに本当にすごいです。コーヒーもシンプルであればあるだけ難しいのは言うまでもないですが、浅煎りはその真骨頂を一番発揮できると思っています。This coffee cup is handcrafted in Japan.It’s quite hard to be always simple, you can’t cover up your skill with putting many things on that.Just same as coffee,dark roasts can be useful to cover up cheap coffee and they are the mainstay for companies like Starbucks which prioritize caffeinated coffee based drinks loaded with sugar over coffee that might feeling taste fantastic too thou totally opposite as light roasted coffee which I prefer.
  • 黒鉄釉の片口背筋正しき筒型と対になる丸らかなフォルムは温かみがあり愛らしくもある。食卓で活き、小花を挿してインテリアとしても活きる。生活の中でどう活かすか、ぜひ楽しんでいただきたい一作です。
  • 黒鉄釉の片口筒型フォルムは酒器に、時には麺汁や自家製ダレを入れたり主役も脇役もこなせる一作。轆轤成形→削り→口の取付け→乾燥→素焼き→釉薬掛け→本焼きと長い道のりを経た分、長く愛用いただけ、いい表情を出します。
  • マグの制作取手を付けた後、最後に落款を押し乾燥の工程へ。
  • 旅立ちの準備栄養士と焙煎士の力で焙煎された特別な一杯を提供されている @alt.coffee_ro さんからご依頼いただいたカップの完成。こだわりの浅煎り珈琲の美味しさを包み込めるよう自身もこだわりをかけた一作です。
  • 静かに並ぶ乾燥中の器。京都に新しくオープンされる珈琲店からのオーダー。店主こだわりの一杯を受け止められるよう、カップのサイズやデザインにもこだわりを。完成まであと少しです。
  • 黒金釉から1枚フラットプレートにツマが焼くシュガーマフィンをのせてゆっくりなひと時。忙しい朝にはトースト、夕飯時には前菜盛り。フラットプレートは食卓を楽しませてくれる一枚です
  • 彩られていく素焼き後、ペーパー掛けでバリ取りし水で拭き取る。ここから釉薬掛けし最終本焼きへ。土が彩られていきます。
  • 黒鉄釉から1枚@ripvanwinkle.tokyo に新作の鉢を納品今回の新作は直線的でシャープなフォルム。ripvanwinkleの店内にも馴染んでいます。
  • @ripvanwinkle.tokyo に新作の鉢を納品寒さが厳しい冬の先には厚いコートを脱ぎ捨て軽やかでシンプルな装いになる季節到来。そんなスタイルと同じくシンプルで植物が映える鉢を揃えました。

Blog.ブログ

Online Store.オンラインストア

Contact.お問い合わせ

potter@shunono.com

Address : 154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2-24-7 101

Tel : 050-5316-3263

Shun Ono Craft Pottery